■お知らせ
2007年3月 業務用建物においてAlliance社製で当社が輸入しているガス焚業務用衣類乾燥機 が内部から出火して、機器本体の一部を焼損する事故がありました。 原因は埃が排気フィルタに詰まり送風不足となり、乾燥機内部底部にたまった埃に 引火したものと推測されます。 当社では業務用衣類乾燥機の排気筒及び機器内部の清掃の必要性を促しておりますが 徹底されていないのが現状です。 そこで平成12年末より同機種の衣類乾燥機には安全対策を施して出荷しておりますが 市場には安全対策を施していない乾燥機も運転されております。また今回の事故の調査から さらなる安全増し対策を施す事にしております。 SpeedQueen ブランドで対象型式をご使用のお客様は、ご連絡戴ければ無料で安全対策機器の取付けを 行いますので最寄りの当社事業所までご連絡下さい。

《対象機種》
〜6kg/7kgガス衣類乾燥機〜

SG4990、EG1120、EG2990、EG2009、SDG409、SDG009、SDGA09、 SDGX09、RG5190、EG5121、EG5919、SSG419、SSGA19、SSGX19、TM-6A、TM-6B、TM-6W、TM-6AW

《連絡先》
最寄の当社事業所にご連絡下さい。




SDGX09(7kg)


SSGX19(7kg×2段)

《作業内容》
1.安全対策機器取り付け
2.乾燥機内部・排気筒の点検
3.排気筒抵抗計測・確認
  ①測定結果によっては、排気筒の清掃が別途必要になる場合があります。
  ②清掃後の排気抵抗が製造元の定める基準を超している場合は、そのままでは運転出来ません。
   対策が必要となりますのでご協力をお願いします。


《点検のご案内》
ガス衣類乾燥機は定期的な内部清掃が必要です。詳細は『ガス衣類乾燥機点検のご案内』をご参照下さい。